訪問マッサージ・はり・きゅうクオン

札幌・岩見沢・苫小牧市を中心に訪問医療マッサージの事業所を運営している、クオンの情報発信ページです。

クオンコラム第19回「免疫その4」

みなさん、こんばんは!

訪問マッサージはりきゅうクオンです!!

前回のブログから、あれよあれよと時が過ぎてしまい、気が付けば節分も終わっていました・・・。

豆撒き 

さて、「免疫」についてのブログを昨年シリーズでお送りしていましたが、お待たせしました!
待望の続きになります!恐らく、前回のお忘れかと思いますので、先ずはチェック♪↓↓↓


「免疫その3」


こんな防備をしてもさらに強く人間に甚大危害を及ぼす感染症の病原体から守ってくれるのが

食細胞です。前述した防護壁を破り侵入してきた病原体に立ち向かう食細胞とは、代表的な食細胞は好中球とマクロファージです。

強い病原体が侵入して来ると数時間後にはこの食細胞が集結して防衛が始まります。


ここからが又又人間の驚異です。


<好中球とマクロファージについて>


まずは、好中球は血液中に配備されていてパトロールしています。

パトロール対象は主に細菌、真菌を攻撃します。

殺菌作用はかなり強いのですが、残念ながら短命なんですね~誠に残念・・・。

 

マクロファージは脾臓・リンパ節・腹腔・各臓器に配備されていて(未成熟なマクロファージは一部血中に混在) 細菌・真菌・原虫・ウイルス・変性物質等を対象攻撃します。  

常時定着して待ち構えていますが、殺菌性は残念ながら弱いが、長命です。


マクロファージは、常に一定に留まり、病原体を待ち構え即時攻撃し撃退します。

好中球は血液中で待機し病原体侵入のシグナルを受け現場に急行し血管外にでて、病原体を攻撃し撃退してくれます。    

いや~なんともかんとも、人間の身体は「凄い!」の一言ではバチがあたりますよ。

この様な生体防衛を毎日毎日繰り返し続けてくれているんですね。

 

<好中球って?>


好中球は白血球の一種です。よって炎症部位に集合し細菌・真菌を貪食し殺菌、分解生体防衛をしてくれています。

 

<マクロファージ?って>

 

マクロファージもやはり、白血球の仲間でして、細菌等を攻撃するのですが、侵入した病原体の一部分を抗原にして細胞膜外にだし、これをT細胞に認識させ、T細胞を活性化させる。と言う実に高度なシステムを持ち合わせているんですね。

 

 

<蛇 足>

コラム担当の小生ですが、50年強の人生で20代~現在まで、健康保険証の使用は歯科のみです。

検診も20代の病院勤務の三年の三回しか受けたことはありません。

しかしこの三回の検診で必ず引っかかたのが、白血球の数です。

基準値は、50009000に対し、常に17000オーバーなんですね。身体に異常はないけど、白血球だけは異常値・・・当時の医者がカルテに 『一体なんなんだ』書いてました。

小生が健康でいられるのは『白血球が異常に多いからなんだな~』とスーパーポジティブな考えだからでしょうか()(By 太熊)


-----------------------------------------------------------------------


訪問マッサージ・鍼灸(はりきゅう)クオン 
【訪問エリア】札幌市全域・石狩市・苫小牧市・岩見沢市

お問合せはコチラ

 

スポンサーサイト
  1. 2017/02/10(金) 17:23:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad